夏野菜について

うだるような暑さが続く日本の夏。特に最近は異常気象が続いているため熱中症や夏バテが深刻な事態を招くこともあります。そのような状況を打破するためには日頃の食生活が重要な鍵を握っているのです。旬の夏野菜をバランス良く摂取することで、厳しい夏を乗り切っていきましょう。

ズッキーニは日本ではあまり馴染みのない野菜ですがクセがなく使いやすいという特徴があります。加熱調理はもちろん生食にも向いているため浅漬けなどにしても美味しいです。枝豆は日本のおつまみの代表格として知られています。こちらはメチオニンという成分がビタミンC・ビタミンB1とともにアルコールの分解を助けてくれるという特徴を持っています。意外な夏野菜のカボチャは美肌に良い成分が多数含まれているので、夏に降り注ぐ強烈な紫外線対策として摂取するのがおすすめです。とうもろこしは世界中で食べられている野菜です。こちらは食物繊維が豊富なため便通解消に役立ちます。ダイエット中の便秘などに活用するのが効果的でしょう。オクラはぬめりが特徴的です。このぬめりは熱に強いため加熱調理に向いています。ベータカロテンも豊富に含まれているので天ぷらにして食べるのが良いでしょう。

旬の野菜は栄養価が高いというだけでなく、味も他のシーズンよりも濃いものになっています。それだけにしっかりとした知識を持って夏野菜と向き合いたいという人も少なくありません。この記事では夏野菜の栄養などの情報が掲載されています。