とうもろこしについて

お祭りの屋台やバーベキューなどで一際存在感を放つ夏野菜のとうもろこし。弾けるような黄色が目にも鮮やかなため、「夏野菜と言ったらとうもろこし」というイメージを持つ人も少なくないでしょう。とうもろこしはイネ科の植物で世界中に分布している野菜です。米や麦などと並ぶ世界3大穀物であり、青果用のとうもろこしと加工用のとうもろこしと分けられて栽培されています。

とうもろこしに多く含まれているのは炭水化物です。そのためダイエットには向かないと言われることもありますが、とうもろこしの糖質は多糖類であるため砂糖などに含まれる2糖類や蜂蜜や果物に含まれる単糖類よりもゆっくりと消化吸収されます。そのため、インスリンの急激な分泌を抑えるため、ダイエット中だけど甘味を楽しみたいという人にはおすすめの食材なのです。また食物繊維が豊富なため、食事制限をして便通が悪い時などにはうってつけだと言えます。

しかし、とうもろこしは皮や髭の処理をしなければいけないため、なかなか手が出ないという人も少なくありません。そのような人におすすめなのが「レンジ蒸し」です。購入したとうもろこしを皮のついたままレンジで500w6分ほど加熱し、そのまま髭を引っ張るとスルリと剥がれます。あとは皮を剥ぐだけで下ごしらえ完了です。大変熱くなっているため火傷に気を付けましょう。